長く住み続けていくためには定期的な住宅診断が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリア

じっくり検討して契約する

不動産査定は一括査定サイトで行うこともできますが、簡易査定となるため、不動産会社の目星がついたら改めて行ってもらうことになります。信頼できる不動産会社であれば、確実な訪問調査のもと適正価格を算出してもらえるので安心です。

家族

周辺を見渡すロケーション

湘南といえば海ですが、都心の近くにあるため、移り住む方が多くいます。そのため、人が混在する地域でもあり、海を見ながら静かに暮らしたいという人が集まるため、高層階のマンションなどは人気となっています。

つみきの家

土地を借りる時のポイント

土地を借りて家を建てる場合があります。これを借地権といいますが、契約更新の時にトラブルが発生しやすくなります。事前に専門家や不動産会社などに相談をしておくと、トラブルを回避できます。一般定期借地権は土地を借りる期限が50年以上となっています。将来買い取りたい時は、建物譲渡特約付借地権を選びます。

建物を長持ちさせる

虫眼鏡を持つ女性

丁寧な作業

どんなに丈夫な素材で建てたビル、マンションでも次第に機能が衰えて劣化してきます。それを少しでも遅らせるために、定期的に住宅診断をしましょう。素人で安全と考えていたものが危険な状態と判断されることあるので、自己判断で済ませてはいけません。住宅診断では、外回りのひびやモルタルの浮きがないか、水切りが悪くなっていないかを確かめます。また、壁が傾いていないか、建具の動作が悪くないか、仕上げ材が劣化していないかもチェックします。そして忘れてならないのが、シロアリが発生しやすい床下と普段あまり使うことがない屋根裏です。この2つが最も劣化が見られる部分なので、日頃から換気を良くして乾燥させておきましょう。住宅診断は、工務店ではなく第三者に依頼することが要です。また、リフォーム会社は施工をしつこく迫ってくる業者もあるので、気を付けなくてはなりません。必要のないリフォームは、はっきりとお断りしましょう。住宅に関する高い知識が必要となるので、建築士の資格を持っている業者であることも肝心です。たくさん経験があり、実績豊富なことは優良な業者を見極めるバロメーターでもあります。また、適切な料金で行われているかも調べておきたいところです。あまりにも料金が高い、逆に安すぎるところは避けましょう。そして、ホームページで住宅診断の流れを調べておくことも要で、ざっくりとした判断ではなく、丁寧に時間をかけて調べてくれる業者を選びましょう。